法律相談事例

  • HOME »
  • 法律相談事例

試用期間が終了し、本採用しないと会社に言われたら、辞めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。 「試用期間」の意味 多くの会社や労働者が誤解しているケースが多いのですが、一般的な「試用期間」というのは、その期間が終了してから新たに本来の雇用契約を締結するという意味ではありません。 多くの場 …

カレンダー写真

会社が経営難だと、解雇されても文句はいえないのでしょうか?

必ずしもそうとは言えません。 まず、従業員を解雇しなければ会社や事業部門が継続困難になるなど、客観的に解雇が必要と言えるかが問題です。 以前あった事例では、「従業員への給与支払いが滞るほど苦しい」という説明をする会社があ …

相談女性

契約社員は、契約期限が来ればいつ契約終了されても仕方ないのでしょうか?

これは大きな誤解です。単に契約期限が来たという理由だけで有期労働契約を終了(雇止め)するのは違法となる可能性があります。 まず法律の基本的な考え方は以下のとおりです。 有期労働契約というのは、文字どおり期間の定めのある労 …

悩む女性

私の給料には残業代が含まれていると言われましたが...

いわゆる固定残業代という問題です。 基本給に加え、一定の時間外労働を見込んで給料を支払うという方法をとる会社は多くあります。 しかし、見込まれる時間外労働より多く労働した場合、その分は時間外労働に対する割増賃金を払わなけ …

パソコン前にうなだれた女性

今の会社で働きながら未払残業代を請求することはできますか?

これは法律問題というより、ビジネス的な交渉技術の問題です。 法的にはいつでも請求が可能です。もっとも、ご自身が短期的なスピード解決を求めるか、時間をかけて徐々に解決しようとするかで行動の仕方は変わってきます。 あなたが短 …

seikyusho

「管理職」だから残業代はつかないのでしょうか?

「管理職」でも残業代のつく人とつかない人がいます たしかに労働基準法上の「監督若しくは管理の地位にある者」(労基法第41条第2号)には割増賃金の規定(労基法第37条)が適用されないため、残業代はつきません。 しかし、ここ …

presentation

長時間の残業に法的な上限はあるのでしょうか?

1.36(サブロク)協定を確認すること 労働基準法では、原則として週に40時間、1日8時間を超えた労働が禁止されています(労基法32条)  第三十二条  使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、 …

ビジネスマン休憩

年俸制だから残業代は無いって本当でしょうか?

1.「年俸制(又は残業代込の給料)だから残業代が無い」のか? 管理監督者でない限り、原則として残業代が無いということはありません。 いわゆる「残業代」とは、労働基準法のいう時間外労働に対する割増賃金のことを言います。 時 …

眼鏡をかけた女性

労働審判とはどういうものでしょうか?

1.労働審判の特徴 (1)迅速な手続 労働審判とは、個々の労働者と事業主との間の紛争を迅速に解決するために作られた裁判所の手続です。いわば当事者が弁護士の力を借りて任意交渉する方法と、裁判所で訴訟を起こす方法との中間に位 …

pixta_8184374_S

会社から解雇を言い渡された時、どうすればいいでしょうか?

1.解雇理由の確認と就業規則等の入手 解雇、つまり労働契約の解除(解約)は、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効」(労働契約法第16条)となります。し …

頭を抱え悩む女性
1 2 »
PAGETOP
初回相談料無料 時間外・休日・出張相談可
通常受付: 03-5204-1085 (平日10:00~18:00)
時間外受付: 03-3630-5015 (上記以外)
初回相談料無料、
時間外・休日・出張相談可能
お問合せフォーム