解決方法と費用

  • HOME »
  • 解決方法と費用

解決方法の選択次第で、費用の構造も変わってきます。
大きく分けて、特定(スポット)業務の委任と、顧問契約による継続的支援の方法がありますが、結果的に顧問契約の方がリーズナブルに済む場合が珍しくありません。
負担能力も加味して検討させていただきますので、まずはご相談ください。

1. 特定(スポット)業務の委任

委任される業務の内容に応じて、以下のように費用は変わってきます。
業務の内容次第で成功報酬を取り入れることがあります。

  1. 労務対策(人員削減) 1件50万円~
  2. 債権回収         経済的利益に応じて、着手金+報酬金(旧報酬規程)
  3. 訴訟(被告側)対応   経済的利益に応じて、着手金+報酬金(旧報酬規程)
  4. 弁済猶予(リスケ)交渉 案件に応じて、応相談
  5. M&Aスポンサー交渉 案件に応じて、応相談
  6. 債務整理(私的・法的) 案件に応じて、応相談

2. 顧問契約による継続的支援

顧問契約による継続的支援の場合は、業務量に応じた基本顧問料と、超過時間に対するタイムチャージです。資金繰りの観点からは、この方式が有効な場合もあります。

  1. 業務内容:無制限
  2. 顧問料:業務量に応じた基本顧問料(月額10万円~30万円)+基本業務時間(月5時間~15時間)を超えた業務に対する追加タイムチャージ(3万円/時間)
PAGETOP
初回相談料無料
受付番号: 03-5204-1085 (平日10:00~18:00)
 
初回相談料無料
お問合せフォーム